遥乃陽 diary

日々のモノトニィとバラエティ

世の中は感動と憂いに満ちている。シックスセンスが欲しい!

戦艦 三笠 1/1レプリカ(閉鎖中の日本元気劇場内:石川県加賀市黒埼町)

石川県加賀市黒埼町の『日本元気劇場』跡の駐車場に残る『戦艦 三笠』の1/1レプリカです。

f:id:shannon-wakky:20150508210744j:plain

このレプリカは、2009年11月末から2011年X`masまでの2年間に亘ってNHKで放映された司馬遼太郎原作のスペシャルドラマ『坂の上の雲』で、『戦艦 三笠』の艦上・艦内や船体の撮影用に原寸大で製作再現されました。

f:id:shannon-wakky:20140622211934j:plain

ロケに使用された後は、『日本元気劇場』の施設の一つ『戦艦 三笠ミュージアム』として『戦艦 三笠』と日露戦争関連の資料が展示され、再現された艦橋・艦内・艦上は自由に歩き回れて、武器のレプリカなどの装備にも触れる事ができました。

f:id:shannon-wakky:20140622211822j:plainf:id:shannon-wakky:20140622211910j:plain

『戦艦 三笠』のレプリカは撮影用に製作された為に、外観が完全再現されていません。

オリジナルの全長130mは船首から80m余りが再現されただけで、後部砲塔を含めた約50mの艦尾部分は製作されていないです。

それに、放送画面に映らない左舷側の船体側面は艦橋下から後部が支柱が見えるオープン状態です。

それでも、日本海海戦当事を模した外観は明治時代の最強戦艦のリアルな臨場感が漂っていました。f:id:shannon-wakky:20150508210813j:plain

テーマパークのゲート脇には、撮影に使用された内火艇のレプリカも野外展示されています。

f:id:shannon-wakky:20150508210849j:plainf:id:shannon-wakky:20150508210907j:plain

江戸元禄期をモチーフにしたテーマパーク『加賀百万石時代村』(1996年4月~2006年1月)の跡地に、2009年7月から開業していた『日本元気劇場』は、複数のコンセプトでアトラクションと劇場公演を行っていましたが、2013年1月で一時休園しています。

2014年6月現在もゲートから駐車場を含めて閉鎖され、立ち入る事はできません。

ですが時折、広い駐車場を利用して様々なイベントが催されており、その際には『戦艦 三笠』を囲むフェンスまで近付く事ができます。

休園後は殆ど維持管理されていないレプリカの様子は非常に残念で、このままリアルに再現された1/1レプリカが朽ち果てて行くのを防いで、保存管理できないものかと憂いています。

例えば、近隣の片野浜の長者屋敷跡近くで海原を背景に内火艇も一緒に移築して、『坂の上の雲記念公園』とかの名称で新たにの造成した公園のシンボルとして、横須賀のオリジナルのように日本海側で保存(艦尾を増築して左舷側を塞いで、Z旗と軍艦旗を翻して、オリジナルとは逆向きに)できないかと考えてしまいます。

f:id:shannon-wakky:20140622211751j:plain

f:id:shannon-wakky:20140622211659j:plain

f:id:shannon-wakky:20140622211848j:plain

f:id:shannon-wakky:20150522064214j:plain

f:id:shannon-wakky:20150522064228j:plain

f:id:shannon-wakky:20160303071017j:plain

f:id:shannon-wakky:20160303071031j:plain

f:id:shannon-wakky:20160303071041j:plain

f:id:shannon-wakky:20160719065208j:plain

f:id:shannon-wakky:20170615062403j:plain

f:id:shannon-wakky:20160719065245j:plain

f:id:shannon-wakky:20170615072001j:plain

f:id:shannon-wakky:20150308150456j:plain