遥乃陽 diary

日々のモノトニィとバラエティ

世の中は感動と憂いに満ちている。シックスセンスが欲しい!

WISDOM(アシュラフ・ガファー作)が片隅の壁際へ移設された!(金沢市庁舎前広場)

金沢市が金沢駅から21世紀美術館へ誘う、アートアベニュー計画で実施された「まちなか彫刻作品・国際コンペティション」の第2回(2006年)優秀作品が、アシュラフ・ガファー(Ashraf Gafer).作の『WISDOM』です。

f:id:shannon-wakky:20180617125144j:plain

その、滑らかな漆黒肌の六つ目の頭部を彫刻した『WISDOM』は、金沢市庁舎(金沢市役所)前広場から駐輪場脇の壁際に移されました。

f:id:shannon-wakky:20180617125850j:plain

f:id:shannon-wakky:20180617130131j:plain

移設理由は、段差と池が有った広場を賑わい創出のフラットな広場にする為で、最優秀彫刻作品が『障害物』扱いされてしまいました。

f:id:shannon-wakky:20180617130446j:plain

f:id:shannon-wakky:20180617130811j:plain

2016年4月~2017年4月の整備工事期間中の仮移設だと思われていたのですが、工事完了後もフラットにされた広場へ戻される事はなく、目立たない片隅の移設場所に置かれたままです。

f:id:shannon-wakky:20180617131324j:plain

f:id:shannon-wakky:20180617131533j:plain

作者には移設の了解を得ているそうですが、どんな理由説明をして承認されたのであろう?

f:id:shannon-wakky:20180617131853j:plain

f:id:shannon-wakky:20180617132149j:plain

作者のポーランド在住でエジプト人彫刻家のアシュラフ・ガファー氏に立ち会って貰いたかったですね。

f:id:shannon-wakky:20180617132833j:plain

いつまでも邪険に扱うと、サウロンの瞳のようになって『金沢の隠された素顔』の方々に古代ナイルの呪いの眼光を放つかも知れないです。

f:id:shannon-wakky:20180617133122j:plain

f:id:shannon-wakky:20180617133820j:plain

『WISDOM』は広々とした白いキャンバスのような庁舎前広場の正面に据えるか、観光資源になりえる場所へ置くべきでしょう。

f:id:shannon-wakky:20180617134439j:plain

f:id:shannon-wakky:20180617135015j:plain

台座上の高さ155cmの像は、無毛で不吉な黒色の表面、左右から密着する一つ目の顔面、頭部のみ、180度の視界を持つ六つの白い眼球の青い瞳は、時空を越えて古のエジプトから深く見据えているようです。

f:id:shannon-wakky:20180617135339j:plain

f:id:shannon-wakky:20180617135619j:plain

漆黒の頭部全体は、エジプト文明のアヌビス神の壁画のようで、古代アフリカ的な神秘さです。

f:id:shannon-wakky:20180617140227j:plain

f:id:shannon-wakky:20180617140557j:plain

この不気味な容姿が、真贋や真実を問うように思われて、作品が視界に入る人達が抱いた畏敬の念を直ぐに恐怖に変えてしまい、避けて通るようにさせたのでしょう。

f:id:shannon-wakky:20180617140930j:plain

ううっ、見られている!
睨まれているかも……。
……疚しいところは、たくさん有ったりして……。
思わず、『ごめんなさい』と謝罪の呟きや、跪き、懺悔の告解をして赦しを請い、犯した全ての罪を浄化しそうになります。

f:id:shannon-wakky:20180617141235j:plain

作品名の『WISDOM』は、『賢明さ』、『知識』、『知恵』、『分別』、『博識』という意味です。

f:id:shannon-wakky:20180617141557j:plain

六つ目、五つ鼻、五つ口、密着した五つの顎と五つの首、一対の耳、一つの頭なので、集合的『賢人』の表現でも有ります。

f:id:shannon-wakky:20180617141946j:plain

なので、金沢市が主催した「まちなか彫刻作品・国際コンペティション」の優秀作品の『賢人』を市役所の自転車置き場の壁際の片隅へ追い遣ってしまった金沢人は、分別の無い浅知恵で乏しい賢明さの愚かな人々になってしまいますね。

f:id:shannon-wakky:20180617142502j:plain

この状態は非常に由々しき事態で、金沢市の見識が国際的芸術観光都市になるに足る資格の有無を問う、大きな問題でしょう。

f:id:shannon-wakky:20180617142939j:plain

金沢市民の一人として、非常に悲しいです。

f:id:shannon-wakky:20180617143331j:plain

『WISDOM』は、ローマ市の嘘を吐くと噛み切る『真実の口』のような、善悪を見極める賢い選択へ導く心眼の象徴になる芸術作品なのです。

f:id:shannon-wakky:20180617143555j:plain

ですから、アシュラフ・ガファー氏に、もう一体製作していただいて、金沢駅東口の鼓門直下に金沢へ来る人達と金沢を去る人達の方の両面へ両面宿儺の様に向いて、邪悪と疫鬼の侵入を険しく拒み、安全と安心の優しさを贈る、そんな象徴像にしましょう。

f:id:shannon-wakky:20180617143914j:plain

f:id:shannon-wakky:20180617144142j:plain